ニュースの中の OpenStorage、ニュースになった OpenStorage。

1 年前、Sun は OpenStorage の構想を発表しました。業界で初となるオープンストレージソフトウェアのコミュニティーとともに、OpenSolaris はオープンストレージ革命の原動力となっています。コミュニティーは活発で成長を続けています。企業はソースコードの提供に積極的に協力し、OpenStorage ソフトウェア向けに機器やソリューションを開発しています。ただし、独自製品を販売するストレージベンダーと正面から対決しようとしているわけではありません。むしろ、側面を補強する戦略になります。OpenStorage を利用することで、グローバルなコミュニティーの強みを生かすことができます。業務やマーケットへの応答性を高めるのに求められるリソースを 10 分の 1のコストで入手できます。しかもベンダーを選ぶ自由もあります。他社とは違い、Sun はコミュニティーで活発に活動を続け、多種多様なサービスとサポートを提供し、OpenStorage を導入しようとしているユーザーを支援しています。コミュニティーでは、OpenStorage ソフトウェアを一部のサーバーにプリインストールしたり、ソフトウェアをユーザーがダウンロードできるようにしたりしています。

OpenStorage = 業界標準の汎用ハードウェア製品 + OpenSolaris

コミュニティーのメンバーは、自分が希望する程度に応じて情報を共有します。これが長所です。積極的に参加することも、自分の現状を考慮して当面は観察することもできます。他人の取り組みを注視するという参加方法も有益です。ディスクドライブを破壊するほど情熱的なメンバーのポッドキャストや、このオープンソースのソフトウェア価値を称賛するコミュニティーメンバーなど多様ですが、1 つだけ確実なことがあります。それは、ZFS というファイルシステムがニュースに取り上げられることが多くなっている点です。たとえば、インテリジェントなハードウェア RAID コントローラではなく汎用のハードウェア上で無料のソフトウェアを使って、ハードウェア間のデータ完全性を維持したことはニュースです。Simon 氏がオープンソースを利用した自宅ファイルサーバーについてブログを書いていることはニュースです。この無料のテクノロジの影響で、独自規格に基づく一部のビジネスモデルが脅かされていることはニュースです。このテクノロジのほか����利用方法が紹介されていることはニュースです。大小を問わず、他社がこのファイルシステムに興味を示していることはニュースです。Tim ThomasOpenSolaris 上で、ネイティブ CIFS をワークグループモードで構成したことはニュースです。さらに Tim がドメインモードについて解説していることも、ニュースです。Jim Hughes の投稿した YouTube 動画もニュースです。

OpenStorage は未来のものではありません。OpenStorage は現在利用されており、ユーザーはベンダー独自のストレージの採用を見合わせたり撤去したりしています。

ストレージを制約から解放しましょう。コミュニティーに参加してみてください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s