コカコーラのビジネスモデルの概略

私は清涼飲料の中ではコーラが好きです。清涼飲料を飲むときは、たいていあの赤い缶です (ダイエット版ではありません)。味つきの飲料と普通の飲料水の両方を販売し、大きな成功を収めた企業があります。コカコーラ社です。コカコーラ社は 1886 年に設立され、1 日あたり 15 億本を販売し、製品は 2800 種類を超えています。非常に競争の激しい市場にあって、成熟した製品である「コーラ」に対する需要を維持しつつ、「フルスロットル」などの新製品を常に発表し続けています。ミネラルウォーターにはお金を払う価値があると、飲料業界が消費者に確信を持たせたことは驚くべきことです。ミネラルウォーターは今では巨大な市場になっています。

「コーラ」という飲料は昔から売られていますが、消費者がその味に飽きてはいません。実はコカコーラ社は 1985 年に味を変えようとして消費者から反発を受けました。どのような会社であれ、新規の顧客を開拓すると同時に、既存の顧客もつなぎとめておきたいと考えます。つまりは拡大成長するということです。世界中で「コーラ」は金の成る木 (金を生む牛) になっています (中国では味が少し違います) が、コカコーラ社は成長すべく新たな製品を投入してきました。歴史のある企業であればどの企業も、中核となる製品を守りながら、収益を確保して成長を図ろうと新製品を発表します。

これはちょうど、投資銀行がさまざまなタイプの企業に分散して投資するようなものです。投資銀行は既存企業に売却や M&A などの戦略を助言しますが、ベンチャーキャピタルは投資銀行よりもハイリスク・ハイリターンを目指します。どのような企業でも、実績のある製品と新製品をミックスすることが戦略の 1 つの中核となります。どちらか一方だけに集中してしまえば、競合他社がつけ込んできます。予期せぬ変化や状況に柔軟に対処でき、堅調な業績を目指す経営計画こそが、投資家の心をつかむのです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s