本当に実現したオープンソースのストレージスタック

OpenSolaris に新たなストレージのコードベースが追加されました。 この最新の投稿は、階層型ストレージ管理 (HSM) の領域を対象にしたものです。 この技術は、標準的なバックアップ機能をはるかに上回るものです。 データおよびメタデータによって導かれたポリシーによって、データを自動管理SolStackします。 今日の市場には、HSM による最大規模のデータリポジトリがいくつか生まれています。 SAM-Q のオープンソース化により私たちは、ストレージスタック 「全体」をオープンソース化するという、非常に大規模で複雑な取り組みを完了しました。

opensolaris.org で進行中の新しいオープンストレージプロジェクトを多数抱えており、このことは第一段階を達成したにすぎません。こうした新しいストレージプロジェクトはすべて、コミュニティーと一体となってオープンに開発が進められています。 コミュニティーでは、データサービス、プロトコル、ファイルシステム、圧縮、暗号化、レプリケーション、スナップショット、ドライバ、およびアーカイブソフトウェアから、あらゆるものをすべて利用できます。 このようなオープンソースの総合的ストレージスタックは、業界唯一のものです。

もちろん、ほかにも特許を持つストレージスタックの中にはかなり優秀なものがありますが、ストレージスタックの 1 機能のそれぞれに高額な出費をすることになります。 時間があって費用はかけたくないのなら、OpenSolaris コミュニティーは貢献の場となり得ます。 また、コミュニティーは、画期的に低い費用でビジネスやソリューションを実現することを可能にする場でもあり得ます。 どちらの場合も、純粋経済学が原動力となっています。

ここまでの紹介について、詳細を確認したい方もいらっしゃるでしょう。経済学や歴史に興味があって、オープンソースの力 (つまり総需要) についてじっくり考えたいなら「Alan Greenspan – The Age of Turbulence」をお勧めします。 著者による既存市場の崩壊に関する洞察についても言及されています。

オープンソースへの取り組みに関する最新の動向についての、Margaret HamburgerTed PogueLynn Rohrer など多くのチームメンバーの主張を読んでみてください。チーム全体の進捗と成果は、「ストレージスタック全体をオープンソース化する」という、私が 1 年前に設定した非常に大胆な目標に応えるものでした。パートナーやベンダーからコミュニティーに寄せられたコードの貢献も実に嬉しく思っています。 オープンソースのストレージテクノロジーを利用して業務用のストレージ製品を構築する顧客ついて知ることも、同様に嬉しいことです。

私たちは Sun で、OpenSolaris のストレージスタックでハイブリッドストレージソリューションを構築する機会も得ました。 いわば、オープンソースソフトウェアは私たちの DNA に組み込まれたものであり、私たちはオープンソースソフトウェアに対する最大の商業的貢献者です。 チーム全体に大きな感謝を。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s