『Built To Last… successful habits of visionary companies』

株式は、Borat Sagdiyev (19727 月 30 日生まれ) (Kazakh Cyrillic: Борат Сагдиев) と同じくらい有名になり得ます。

Johnson & Johnson は、安全かつ効果的なヘルスケア製品を提供するというビジョンの下に 1886 年に創立した企業であり、この信念は時価総額が 1800 億ドルを超える現在でも変わりません。

驚くべきは、この配当額を通じて株主にもたらした株式価値です。

成功を導く習慣を持つ優れた企業の分析について、より深い見識を養うには、『Built To Last』をお読みください。

著者の苗字が「Porras 」なのは偶然でしょうか。まあ、あちらはスタンフォード大学の経営大学院の教授で、私はそうではありませんが…

40 年強くらいで 12 % の年間利益率があれば投資としては十分なのでしょう。 判断の見極めとしては、投資額を 10 年ごとではなく 5 年ごとに倍にすることです。ただし、リスクは最小限に抑えなければなりませんが。

私は、学部生時代に、学生向けローンの金額を金利 2% で抑えようとしました。 これは明らかに、世界大恐慌時代に育った両親と、アメリカ移民第一世代の祖父母に育てられた影響です。 あとから考えれば、こうした学生向けローンを最大に借り入れ、成長と資本増加が見込める株に投資すればよいと簡単に言えます。そうすれば、10 年以上の間に、少ないリスクで 2% の年間利益率以上の利点が得られたのに。でも 1980 年代初めのころ、ローンは卒業してから 10 年で返すことになっていたのです。

両親からも、一部の学生がそうだったと言われていたたように借金を踏み倒すのではなく、ちゃんと返済するように言われていました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s