私に関する 5 つのことをお話しします…

 

  1. アメリカ合衆国マサチューセッツ州メドフォードで生まれ、そこで育ちました。 ここです。メドフォードからボストンまでは約 2 マイル (3.2 km) です。 実のところ、メドフォードは「大ボストン」として知られるボストン周辺都市グループの一部です。 イタリア人とスペイン人の血を半分づつ受け継ぐ私と同じくイタリア料理がお好きなら、Bob’s Food Store にぜひお立ち寄りください。 この店は、私が住んでいた場所から 1 本隣りの通りの先にあります。この専門店では、かつての精肉店のように、今も床面におがくずを敷いています。 メドフォードを訪れることがあれば、車のドアをロックしておくことをお勧めします。 私は話すとボストン訛りが出ます。 カンザスやテキサスで育ったようには聞こえません。 メドフォードでの暮らしからストリート系の感覚とスキルを身につけました。 私は、教区立学校 (St. Joseph’s (マサチューセッツ州メドフォード)Pope John XXIII 高校 (マサチューセッツ州エベレット)) に 12 年間通うよう強く勧められた、というか父から半ば強制されました。 労働者階級の住民が多かったため、人生の決断を見誤りそうになるチャンスも多々ありました。 父はよく私に「愚かなことに手を出す前に私の顔を思い浮かべろ」と言ったものでした。おかげで何度も「僕はいいや、じゃあね…」と言って仲間から去ることができました。成長して大学に進学するころになると、昔知っていた若者の何人かは通りの餌食になり始めていました。残念ながら、何人かはまあまあな場所に、別の何人かはあまりうれしくない場所に行くはめになりました。 しかし、私の兄弟の場合、"Al" は化学技師に、"Mikey D." は機械技師に、そして 2 人の Stevie は電気技師になりました。 Golden 通りの 5 人兄弟は全員エンジニアになったのです。面白いのは、5 人のうち 4 人のエンジニアが、上記の少年院プログラムに 12 年間通ったことです。 不思議ですね…
  2. 私が最初に就いた仕事は、50 ポンド (約 23 kg) の袋に入った玉ねぎの皮をむく作業で、時給 2.35 ドルでした。 しばらく玉ねぎの皮をむいていると、そのあと手ににおいがついてなかなかとれません。 そのうち作業には慣れ、目からあふれ出る涙も止まります。たいていの場合は。 玉ねぎの皮むきは通行許可のようなもので (続けるのかそれとも辞めるのか ???)、その後は貨車からの荷下ろし作業に昇進して、50 ポンドの人参の袋、レタスのケース、メロンの木箱、そしてあの玉ねぎを運びました。 これは、食料品店向けの Fruit and Produce 卸会社でのうんざりする仕事でした。 貨車を近くで見たことがありますか ? 本当に大きくて、人参の詰まった袋がいくつも載ります。 この人参をどうやって荷下ろしするかというと、50 ポンドの袋を 1 袋づつ、冬でも (寒い) 8 月の蒸し暑い日も (すごく暑い) 下ろします。 父はよく、この仕事は私のためになると微笑みながら言ったものでした。 この仕事をすれば、肉体労働ではなく頭脳労働で身を立てようときっと思うはずです。 肉体労働は、若いうちは良い勉強になりますが、40 代を超えると身体が故障しはじめます。
  3. 私は物事を分析するのが好きで (今も)、特に夏の間は科学を試すのが好きでした。数学の成績が良く、小さいときから物事をやり遂げることが好きでした。 私は、"ボストンのエンジニアリング工場" の学部で学位を取得しました。コンピュータサイエンスで上級学位を取得後、上級経営学プログラムに入学しました。 卒業には論文の提出が必要でした。 論文の締め切りは 2 月… 私は締め切りの 6 か月前に論文の執筆を終え、口頭で弁護しました。 父はいつも、「言うは易し、行うは難し」と言っていました。やり遂げることができるのか、と。私の両親は、世界大恐慌のさなかに育ちました。 両親が体験した苦難の数々は、私の人格形成に大いに影響しています。 父は、50 年以上も組合 (AFL-CIOCarmens) の労働者として働きました。 私は父が欠勤したり、中毒になったり、だらだらしたり、私に対して手本とならないような行動をとる姿を見たことがありません。 では今の私はどうでしょう。私は、大学時代の学費を自分で支払いました (ノースイースタン大学の "cooperative education")。 両親は、教区立学校での 12 年間分の学費を払ってくれたので、それ以降は私次第でした。 大学時代は、学生向けの���助金を受けました。また、配管用品店でパートタイマーとして働き、在庫を管理した���、軽トラックで商品を運んだりしました。 問題は、私が軽トラックの運転免許を持っていないことでした… これもまたメドフォードでのことでした。 鋳鉄のバスタブや湯沸かし器を運んでみたことがありますか。どちらもとても重いのです。 いつも、エンジニアになる方がはるかに良さそうに見えました。
  4. 1991 年、Medford Little Leaguer と Babe Ruth League 出身の野球選手がミネソタツインズの選手としてワールドシリーズに優勝し、チャンピオンリングを獲得しました。 その選手とは私もよく一緒に試合をしました。彼は同じ通りの近くに住んでいたのです。 男の子たちが野球で遊んでいたという夢が続くことを想像してみてください。 本物のワールドシリーズでホームランを打ったのです。 Mikey は夢を叶えたのです。私は高校で野球、ホッケー、フットボールをやりましたが、Mikey P. はプロ野球選手として 11 年間も野球をできたのです。 自分が本物の舞台にはぎりぎりで手が届かなかったとは言いたくありませんが、試合に出たとしてもベンチを温めていたことはなかったでしょう。 今だにホッケーのときの傷が顔に残っており、フットボールのときの骨折の痛みがあり、野球で痛めた肩からは天気がわかります。Mikey はワールドシリーズのチャンピオンリングを持っています。
  5. 私は元がん患者です。 がん完治と最初に診断されてから 昨年 2006 年 8 月で 5 年が経ちました。 がんは、肉体的にも精神的にもつらいものです。 がんとの闘いには精神的な心構えが大きな役割を果たすと心から思います。 また、メドフォードでの貴重な経験が病気との闘いに役立ったとも信じています。 元患者にとって回復の一過程は、病気について話すことです。 なぜ私なのか。なせ私が助かってほかの人は助からなかったのか。困難を乗り越えられるようほかの患者を助けたり、人の死を経験することは、セラピーにもなります。 私は Lance Armstrong と同じタイプのがんでした。 Lance は拒んでいたため診断が遅れました。 私は、早いうちに恐怖を受け入れました。 私のがんがどのようなものであったかをお知りになりたい場合は、彼のをお読みください。私は 2 つの手術を終えた後にこれを読み、多くの共通点を見出して大変感銘を受けました。 無数の注射針、レントゲン、造影剤を使った CT スキャンは楽しいものではありません。次の検査で転移がんや腫瘍マーカーが見つかるのではないかと思う精神状態は非常に苦痛です。 私はそれで実際に涙が出ました。

 

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s