ストレージ業界はオープンソースになるか

再び、オープンソースへの専心を有言実行で示しました。先週、さらに別のストレージソースコードが、コミュニティー向けに OpenSolaris.org に投稿されました。 Parallel NFS (pNFS) と、Sun の NFSv4.1 プロトコルの実装 (IETF) が、公開された状態で OpenSolaris プロジェクトとして開発中です。 ZFS (これもオープンソースを使用) などの技術は引き続き公開された状態で拡張されます。 ZFS 暗号化 — これもまた OpenSolaris プロジェクトです。 ディスク圧縮と暗号化能力がファイルシステムの中核を構築することを想像してみてください。 ソリューションやハードウェアに高額をかける必要はありません。オープンソース化されたソフトウェアに完全実装されており、これは Dell、IBM、HP、Sun のプラットフォームで実行されます。

pNFS は、いずれ HPC ソリューションのビルドに役立つ技術になります。 HPC 業界は、なぜ汎用ハードウェア、汎用ストレージ、オープンソースソフトウェアに基づいた計算処理能力を推進しているのでしょう。実際のところ、なぜ業界のストレージやサーバー部門は、汎用メッセージも推進しているのでしょう。

選択肢のため ? 別のベンダーは独自のオープンソースの「計画」を最近発表しました。 実は先週、コミュニティーへの寄贈の中心となっているメンバーに追随する意向のある人がほかにもいるらしいことがわかりました。

Sun はこの 1 年、自社のオープンストレージスタックに追加してきました。 これまでに、スタックに追加されたのは以下のとおりです。

p(NFS) クライアントおよび p(NFS) サーバー、WebNFS、CIFS クライアント、OSD イニシエータ、OSD ターゲット、iSCSI イニシエータ、iSCSI ターゲット、ZFS、UFS、Volume Manager、iSNS サーバー、Availability Suite (ボリュームスナップショットおよび複製)、Fibre Channel Framework、Emulex および Qlogic の Disk & Tape ドライバおよび OEM ドライバ。

まだやることは残っています…

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s