取るに足らないということは、危険な存在ということでは...

どのように形容されるのが良いのでしょうか。ネズミ取りみたいなところ、あるいは飛ぶ鳥の勢いだったけど、今や「取るに足らない」存在。 自動車、家電製品、ビール業界、小売業など、業界は問題ではありません。どの業界でも競争相手が競争相手を形容するのを私たちは耳にします。 スポーツチームは、やる気を起こさせるために、「ノーリスペクト」カードを使い、まともに扱われていないと訴えるのを好みます。 評論家とオッズ屋に「チーム」が違って見えれば、それでオーケーです。 実際には、レーダーをかいくぐり、軽く見られるように、負け犬でいたい人もいます。 どんなチームも最高のプレイをした夜でも負けることがあるため、これはプロスポーツではすばらしい姿勢です。 ロジャー・クレメンス (Roger Clemems) は、Boston Red Sox から Toronto Blue Jays にトレードされた 11 年前、駄目になったと考えられていました。 トレード、彼はサイヤング賞を何回とったでしょうか。4 回です。合計では何回だったでしょうか。7 回です。 完全に駄目になり、取るに足らないと形容されることが、やる気の源でした。 「歳をとりすぎ」、「かってのスピードがない」、「燃えるものがない」、「儲けすぎ」などなど。こうしたことに対するクレメンスの見方は、評論家や対戦相手と違っていたのです。

会社が同じように形容されたらどうでしょう。「かっては飛ぶ鳥の勢い」、「ビジョンがなくなった」、「.BOMB 後に適応できなくなった」、「財政が不健全」などなど。これらが刺激になることは確かです。 ソフトウェアとハードウェア事業に携わる会社の場合、その会社がしなければならないことは何でしょうか。それは、詰まるところ、取るに足らないかどうかは、競争相手ではなく、ユーザーが決めることをハッキリとさせることです。

その会社は、複数の前線で仮想化に最適化されたハードウェアを構築していたとしましょう。 仮想化は、必ずしもあらゆる問題に効く特効薬ではありません。 ハードウェアをハイパーバイザー対応に。 独自仕様のものがあっても、必ず、ハードウェアは業界主流の OS を実行。差別化は、メモリー密度や入出力の接続で行うべきです。複数のマイクロプロセッサアーキテクチャーにまたがる一般的な業界標準コンポーネントやサブシステムは魅力的です。 異なるマルチプロセッサのブレードが一般的なバックプレーンを共有できれば、なおさらです。 そのソフトウェアを仮想マシン対応にして、素晴らしい dom0 にするばかりでなく、他社の dom0 が独自仕様であっても、そこで VM として動作するようにすべきです。 このソフトウェアは、VM 機能のさまざまな違いにも対応できるようにします。 たとえば環境「上」で OS 全体を仮想化するか、ゾーニングを使って環境「内」で特定のアプリケーションを仮想化するかといったように。 最後に、必ず、そのソフトウェア環境は競争相手のハードウェアで動くようにします。これまでは、複数のハードウェア機能と複数のソフトウェア機能を組み合わせるお話でした。 やる気になりませんか。

次の段階では、上記の 2 つの項目を 1 つにまとめて、ユーザーにとって魅力的なソリューションを構築できます。 構築できる製品を想像してみてください。たとえば、アーキテクチャーが密結合していて、OS が最適化されているため、ストレージを簡単に組み入れ、サービスを提供するサービスを提供できます。 あるいは、CPU のスレッド数の多さと VM 対応 OS を利用することで、Linux の複数インスタンスを水平に統合する能力を持つサーバーはどうでしょう。 さらに先に進んでみてはどうでしょうか。 上記の 2 つの例は、一般的なコンピューティングからは外れています。 ですから、埋め込み機能でソリューションを拡張してみましょう。 上記と同じハードウェアとソフトウェアを使って専用の製品を作りました。ただし、仮想化機能は利用します。 特にソフトウェアライセンス条件で誰もがすべてのコードにアクセスできるようにすれば、これは魅力であるばかりでなく、恐ろしいほどです。

サイ・ヤングのような配球では...

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s