OpenSolaris 列車は走り続ける...

日本の小田原市の駅で、東京に戻る特急列車を待っていたときの写真です。 どこからともなく N700 超特急列車 が現れ、停車することなく通り過ぎていきました。 駅を通過したときの速度は最大時速 145 キロになっていたのではないでしょうか。N700 超特急列車は技術の驚異です。 実際、日本の超特急列車システムは驚異の体験です。 サービスは最高で、私個人の意見では、東京を行き来するもっとも効率的な交通手段です。 世界のどの主要都市にもある渋滞で止まったり、動いたりを繰り返す代わりに、エアークッションのような感じの乗り物を体験するのはどうでしょう。 線路の片側にある電柱が次々と通り過ぎていくのを見ると、 高速に移動しているのが分かります。 N700 の最高速度は、フランスの TGV 超特急列車と同じ時速 320 キロです。 かっては最高時速 360 キロが計画されていましたが、振動と環境面の懸念から、東日本鉄道会社は断念しました。 この列車が動いているときの写真を撮れればと思います。 純粋に速度そのものに驚いたばかりでなく、その美しい姿には畏敬の念を覚えました。 列車の先頭部分の姿は非常に航空力学的です。 連結できる客車数は、満車状態で最大 20 両。 満車状態の客車が連結されていても、N700 は運動量と運動エネルギーでなんなく動くようです。

OSdpN700 は、この 18 ヶ月の間に格段に速度と弾みを増した OpenSolaris 列車を想起させます。 OpenSolaris 列車はもっと多くの乗客 (コミュニティーメンバー) を運び、目覚ましく加速しています。 OpenSolaris リリースの Developer PreviewMMSカーネルベースの CIFS Serer、そして有名な 一時 UID (ephemeral UID) で、オープンソースソフトウェアの有効性が勢いを増し続け、 その上、さらに多くの技術の登場が期待されています。 1 枚の絵には 1,000 の言葉の価値があるかもしれませんが、誰もがアクセスできる数百万行のソースコードを実際に目にして触れ、参加することをお勧めします。 そうすることで、自分の絵を作ることができます。 OSCIFS

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s