「Smoking “Fuzzy” Golfballs」… 4B および 5B マシン

1980 年代初め、学部生として数年が経ったころ、リアルタイムの埋め込み OS アプリケーションと「Smoking-Hairy Golfballs」(CPU チップがゴルフボールサイズになっても配線でいっぱいになり (Hairly)、熱で煙が出るだろう (Smoking) という 80 年代の考え) の予測に関して議論したことを覚えています。 プロセスジオメトリ、回路設計、シリコンパッケージングが進化するにつれ、小型化はますます進んでいます。

 

処理能力は膨大になり、それを収める空間はどんどん小さくなっています。 今や、45 ナノメートル技術の時代です。 形状の種類が .35 ミクロン (350 nm) しかなかったのが昨日のことのようです。 ムーアの法則は今でも本当でした。

高速で、緊密にパイプライン化され、統合された回路用のソフトウェアはどうでしょうか。どこへいっても IT が必要とされる中、ソフトウェアは鍵となります。1970 年代終わりから 1980 年代にかけて、COOP プログラムのメンバーとして IBM 仮想マシン OS である MVS で仕事をしていたことが思い出されます。 流行は現れては去るものです。


 

今はどうやって計測しますか。水平に ? 垂直に ? パワー、コスト/平方フィート、メンテナンスなど、すべてが要素となります。 コンピュータは、いまだに無料のソフトウェアを搭載した単なる安い箱なのではありません。

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s