ヨハネスブルグにおける野生生物とデータの保護

南アフリカのヨハネスブルグと Tech Days から戻ってきたところです。 開発者や多くのユーザーと交流した非常に忙しい 1 週間でした。 アフリカは、急速な変化を経験しているもう 1 つの大陸です。 成長の機会は途方もなく大きく、南アフリカは新グローバル経済のもう 1 つの例です。 人々や気候は素晴らしく、 ピラネスブルグ国立公園は壮大で美しい。 ヨハネスブルグの Tech Days では、 ホワイトボックス でオープンソースになったエンタープライズ OS を実演しました。  Matt Ahrens、Jim Hughes、Wyllis Ingersol、および Renier Sevenster が一同に集い、ホワイトボックスに OpenSolaris Developer Preview 2 をインストールしました。 RAID-Z ストライプは、USB ポートで接続された 8 台の 80G バイトディスクドライブにまたがって作成し、 その 8 台のすべてにまたがってレイアウトされたファイルで MD5 検査合計を実行しました。 そして、ジムがドライブ 2 台をハンマーで叩いたのですが...データが失われることはありませんでした。 データはそのまま残り、引き続きアクセスできました。ラップトップや PC の別の OS で同じことをやってみてください。下のビデオを見てください。ハードウェアの破壊は別の日にとっておきましょう。 OpenSolaris の能力を自分の目で確かめてください。 Developer Preview 2 のダウンロードは、ここからどうぞ。 MD5 検査合計ツールが必要な方は、ここから。 CD 焼き付けツールが必要な方は、ここから。 ダウンロードしたら、ラップトップか PC に Live CD をインストールし、現在実行しているものと比較してください。 CD (Live CD) からシステムが動くため、ハードドライブにパーティションを作成したり、ハードドライブの内容を消したりする必要はありません。 南アフリカでは、ユーザーの求めているのはオープンソースであることというのを耳にしました。 オープンソースソリューションが、折り紙付きのエンタープライズ OS から構築されていれば、さらに良いということです。

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s