SAAS – 「SkatingboardingDog As A Service」の略 ?

サービスとしてのソフトウェア (SAAS: Software As A Service) が普及していることはだれもが知っています。インターネットは今や職場でも個人生活の中でも多くの側面 (「あらゆる側面」では反論があるでしょう) でソーシャルメディアです。 ビジネスの観点から言うと、企業は 2 つの基本的な方法による参加を求めています。 1 つ目は、ハードウェアとソフトウェアを通じて、ソーシャルメディアであるインターネットのインフラストラクチャーを提供すること。 2 つ目はソーシャルメディアの "プロバイダ" または媒体になることです。インターネット媒体の例としては、MySpace、YouTube、DiggFlickr があります。

個人の関心の貴重な一端をつかむのは今やとても難しいです。 今、大量の郵便に頼る人がいるでしょうか。あまりいないでしょう。 電子メールは使われすぎていて、効率性を失いつつあります。 携帯電話もまた使いすぎで、固定電話にいたっては、、、考えるのをやめましょう。 邪魔にならない程度にほかの人の貴重な時間の一部をこちらに向けるには、ソーシャルインターネット媒体が解決策になります。

私が思うに、相手とわずかなコミュニケーションをとる効果的な方法は、携帯電話宛てにテキストメッセージを送るか、インスタントメッセージングサービスを使うことです。 通信プロバイダは、利用者をインターネットソーシャルメディアにつなぎたがっています。 人はどうやってソーシャル媒体に関心を寄せるのでしょうか。ブログ、ポッドキャスト、"プロバイダ" などさまざまな手法があります。YouTube に投稿された「スケードボードに乗る犬」を見てください。このビデオクリップは、インターネットというソーシャルメディアチャンネルで何百万人もに視聴されました。 YouTube はプロバイダで、ビデオクリップは多くの人が利用するサービスでした。 スケートボードをできる犬が戻ることを覚えるところなんてすごいと思いませんか。 このビデオクリップを見た後、サービスへの対価を考えてみてください。 このクリップを見るのに少額を払いますか。私なら払います。 携帯電話プロバイダが、数分間の無料通話は提供するのに、インターネットに接続するための転送にはバイト単位で少額の料金を課金するのはなぜでしょうか。それは、利用者がソーシャル媒体に使うわずかな時間を、プロバイダ側に向けたいからです。 また、当然のことながら、プロバイダになることで利益を得たいからです。

インターネットに接続し、拡大するソーシャル媒体に参加しましょう。 それがなくなることはなく、接続先のコミュニティーの種類はどんどん増え、インタラクションの方法も良くなる一方です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s