ストレージへのニーズは益々拡大

忘れずにここで JavaOne に登録してください。5 月 7 日はもうすぐです。

情報を保存、取得、処理するという企業および一般のお客様のご要望にお応えするためのストレージの売上が劇的に伸びているのを知って驚いています。

我々が何年もかかって取り組んできたことを、今度は社内やご自宅で目の当たりにしている方が大勢いらっしゃるでしょう。 私の場合は、写真、ビデオ、音楽、ファイルを保護するためのソリューションを採用する必要がありました。 なぜかって ? なぜなら、データを持ちすぎていて、フロッピーや CD にバックアップするという古い方法では収まらないからです。 そのうち、DVD のバックアップも面倒になるでしょう。

アプリケーションの種類や使用目的に関係なく、自問すべきなのは「どの程度保護すれば十分か」ということです。ディスクの故障、洪水、火災、災害に遭った場合はどうしますか。

特定の顧客や家族のだれかだけに関係するデータがある一方で、国際銀行取引などきわめてグローバルなデータもあります。 なんらかのデータ保護はすべての企業が求めることであり、一部の企業は法規制によりそれを必要とします。 これに、圧縮暗号化などのビジネス上重要なほかの特性を追加します。

しばらくすると、磁気テープSANCDPNASDASMAIDVTL などの製品を合わせることで、企業向けのソリューションを作成できることにお気付きになるでしょう。 さらに、ソフトウェアアプリケーションやデータ サービス (スナップショット複製シンプロビジョニング など) も多数用意されています。

明らかなのは、データを保護するときに企業が今日直面する選択肢、決断、そしてソリューションは、簡単なものでも単純なものでもなく、絶えず進歩するものでもありません。

 

データ保護は、ビジネスにおける投資の正当化と同様に、技術面から言っても確かに難しい課題です。 リスクを冒すか、あるいはリスクを軽減またはなくすために投資するかのどちらかです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s