チャンスにも “オープン” な Sun

顧客も消費者も、特定のサービス、指定されたプロバイダ、または 1 つのオプションに縛られたくはありません。 欲しいのは複数の選択肢です。 過去 20 年間に基本電話サービスとテレビに起こったことを考えてみましょう。 携帯電話と VOIP は、確実に世の中の風景を変えました。 ケーブルテレビとパラボラアンテナの提供により、選択できるチャンネルが増えました。

同じように考えると、顧客が独占的 (プロプライエタリ) なオペレーティングシステムやランタイムに縛られたいと望むでしょうか。プロプライエタリと非プロプライエタリ (オープン) のオペレーティングシステムの一覧については、ここをクリックしてください。

OpenSolaris.orgNetBeans.org は、開発者、寄稿者のほか、すべての人が参加できるオープンソースコミュニティーの提供者の先駆けとして一歩リードしています。 Solaris は、セキュリティー機能、パフォーマンスの調整、データ保護、そしてまさしく “オープン” な DTrace のような技術革新を提供します。「Common Development and Distribution (CDDL)」を参照してください。

availability_suite_new

今週 Sun は、OpenSolaris へのコアストレージ技術の寄贈を発表しました。

たとえば、オープンソース化された Availability Suite (ポイントインタイムコピーと遠隔ミラーコピー) 技術を例として挙げます。 テーブルは、データの保護と管理を提供します。 この技術は非公開ではなくオープンであり、Solaris に統合されています。

技術革新について言えば、私たちは、Solaris のオープンソース技術の拡張も続けていきます。 ZFS ファイルシステムではさらに技術革新が進み、クローン促進、再帰的なスナップショット、RAIDZ 保護、ストレージプールデバイスのホットスペアといった特徴を備えています。 ZFS は現在、ビルトインファイル圧縮をサポートしています。 ZFS 暗号化は、オープンソースプロジェクトとしてコミュニティー内で開発が活発に進んでいます。これは、ビルトイン圧縮と暗号化を備えたダイナミックファイルシステムです。 特殊な目的を持つハードウェアやソフトウェアに搭載された高価なデータ保護ソリューションとは異なり、コア部分に構築されたオープンソースソリューションです。

コミュニティーのメンバーは、汎用目的のサーバー、汎用目的のストレージ、そして Solaris オープンソーススタックを使用して、オープンストレージソリューションを構築できます。 そのとおりです。コミュニティーメンバーは、Dell、HP、IBM、Sun などあらゆるベンダーのハードウェアを使用でき、従来の独占型ストレージベンダーとは違って、日用品価格で強力なストレージソリューションを構築できます。

コミュニティーとは、私たち全員のことです。

お客様とストレージ開発者の皆様には、コアビルディングブロックとしての Solaris にぜひご期待ください。

  • NFS、NFSv4.1 拡張などのオープンプロトコル
  • 技術革新をたゆみなく続けるオープンオペレーティングシステム
  • オープンストレージコンポーネントは続々と OpenSolaris.org に集結

お客様には選択肢があり、その選択肢に影響を与えるのもお客様です。

私の写真を欲しいと言ってくださった方は、ここをご覧ください。

Bob Porras

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s