ドイツ、オートバーン (Autobahn) の Sun Grid Engine

2、3 週間ほど前、HPC プラニング会議のためにドイツに行ってきました。 フランクフルトに飛び、そこから国内線でミュンヘンへ。 ミュンヘンからは、レーゲンスブルグまで車で約 1 時間。 レーゲンスブルグは、ローマ帝国にまで遡る多数の歴史を持つ美しい中世の町です。 この町の元になっている建造物は要塞や橋、教会ですが、町が今日のヨーロッパの一部であることを視覚的に確認することもできます。 InfiniBand や MPI Tools、Grid Computing などの議題に丸 2 日を費やしてから、米国に戻らなければなりませんでした。

嬉しいことに、現実に動いている HPC のいくつかの成果を目にすることができました。 ミュンヘンに戻ることになり、Josh Simons (Distinguished Engineer 受賞者) と私はカーサービスを利用しました。 言うまでもなく、利用した車は有名なドイツ自動車メーカー製です。 このドイツの自動車メーカーは、素晴らしいマシンの製造に高性能コンピューティング (HPC) を役立てています。 Sun Grid Engine テクノロジを使って、大規模な作業負荷シミュレーションや解析、演算を管理しています。 ミュンヘンの帰り道、時速 180 キロで走っていることに気付いているか、Josh に尋ねました。 運転手は私たちの会話を耳にして、英語で話し始めました。 ドイツのオートバーン に入ったため、その運転手はすぐにその車の能力を見せてくれました。 Josh と私は非常にわずかな時間でミュンヘンのホテルに到着。正確には 38 分で到着しました。 なんと、私たちは時速 250 キロでこの長旅を通過したのです。車は V6 ディーゼルターボで、素早い大猫のようなうなり声をあげるだけです。 夜の暗闇の中、爽快で本当にスムーズなドライブでした。 車は高性能スノータイヤを付けていたため、この速度だと少しブンブンする音がありました。 ホテルに着いて、タイヤがどこ製のものか確認せざるをえません。 当然のことながら、Pirelli 製でした。

残念なことに、これ以降の旅はそれほど高速でもスムーズでもありませんでした。HPC で気象状況や航空便の乗り遅れを解決することはできません。 いずれにしても、ドイツでのドライブは最高であり、数多くの分野への HPC テクノロジの応用が競争力になると言わざるをえません。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s