Sun と IBM サーバーの提携 = Solaris

先週は、ユーザーに選択肢を提供するために 2 社が団結した完璧な例でした。 X-Series サーバーでの Windows と Linux に加え、IBM が Solaris も全面的にサポートすることになりました。 この結果、どちらの会社にとっても、これまで以上に多くのユーザーに機会を提供できます。 この新しい提携はまた、ソリューションを求めるユーザーの声に企業が耳を傾けることを示しています。これを機会に、他のユーザー、企業も自覚することになるかもしれません。 Solaris は Sun が開発した x86 システムより IBM や HP、Dell 製の x86 システムで出荷される方が多くなりますが、ユーザーの選択肢は広がります。 選択肢を提供し続けて、ますます多くの機会で争えるよう、Sun はこの姿勢を続けます。 IBM はメインフレームなどの他のサーバー製品にも Solaris サポートを広げるのでしょうか。時間が経てば分かるでしょう。 大切なことは、IBM と Sun の両社が競争できること、また、ユーザーの利益になること、両社にとって機会を増やすことで協力し合えることです。

Sun は、定評あるエンタープライズクラスのオープンソース OS への投資を続けます。 新製品の登場を可能にするリッチな新機能から、広範囲のユーザーを引きつける操作性の向上まで、コミュニティー は活発であり、このことは機会の増加へとつながっています。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s