金融業界はハイテク

金融業界はすっかりハイテクになっています。かっての銀行業務の姿はありません。 3-6-3 ルール を覚えている方はおられるでしょうか。預金者には金利 3% で、貸し付けは 6%、午後 3 時にはゴルフコース。 金融業界は、業務管理のためのハイテクの旺盛な消費者です。

今日の金融業界では、大量のデータ計算が欠かせません。 資本を管理する人々も、大規模なコンピューティングエンジンでの複雑な公式やモデリングと無縁ではありません。 複雑な方程式やモデリングは、科学の専売特許ではありません。 HPC (High performance technical computing) は、金融管理にも利用されています。

毎日の取引開始時、金融機関はオープンポジションを決めるために大量の数字を処理します。 その日の市場が閉まると、再び大規模な計算が始まり、傾向や平均、モデル、デリバティブなどでの利益を求めて夜通し数字を処理します。 金融業界における技術の活用は、業界が効果的に競争し、 技術系大学の卒業生を採用されるところまで進んでいます。

単純な金融管理は、サブプライムローンやデイトレードヘッジファンド災害証券 (disaster bonds) から死亡証券 (mortality bonds) までのあらゆるものに取って代わられています。  死亡証券 (Mortality bonds) は、金融業界が投資利益を得るための創造的な方法をたえず探している完璧な例です。 金融業界は、保険会社の保険数理士を見習っています。 災害証券 (Disaster bonds) は、自然災害時の支払いに対する防衛策です。

HPC (High Performance Technical computing) は、金融業界の強力な武器になっています。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s