pNFS、NFS、QFS の共通点

IETF (Internet Engineering Task Force) が推進する NFSv4.1 オープンスタンダードに関する Web トラフィックが増えています。 以下の 2 つの主要な共有プロトコルが商業的に成功していることについて異論のある方はいないでしょう。

  1. NFS (ネットワークファイルシステム)
  2. CIFS (共通インターネットファイルシステム)

 

 

上記のブロック図は、NFS 技術と CIFS メッセージフローをそれぞれ示しています。 この種類の情報は、大量の詳細情報とともに NFS と CIFS の両方についてすぐに入手できます。 しかし、Sun の NFS ソースコードこそすぐに入手できます。 Sun は NFS プロトコルの考案者であり、これは IETF が推進するオープンスタンダードです。

Sun による NFS の実装は、現在オープンソース化されています。Sun による pNFS (NFSv4.1 プロトコル) の実装は、現在 OpenSolaris プロジェクトで進行中です。 Sun はこの取り組みに、NFSv4.1 スタンダードの実装を独自に行うほかのメンバーとともに全面的に参加しています。 クライアントへのデータ提供についての並行および共有という性質を説明する、このインタラクティブデモをご覧ください。 興味深いのは、ほかの IETF メンバーも自身のコードの一部をオープンソース化することを決めていることです。どうして全部じゃないのでしょうね。オープンソースは引き続き牽引力をつけています。 約 800 万もの Solaris 10 のダウンロードが行われている (ピンクの点) ことがそれを示しています。

pNFS は、ハイパフォーマンステクニカルコンピューティングなどの分野でソリューションを構築するためにベンダーによって使われるでしょう。 Sun の提供物では、ZFS と pNFS を使ってソリューションを構築します。 Sun は現在、QFSを使用して HPC ソリューションを提供します。 QFS は、共有 QFS として知られる並行処理機能を備えています。SAM (Storage Archival Management) ソフトウェアと連携しても動作します。

オープンソースソフトウェアのリーダーは確かに存在します。 Solaris の技術は、今後も引き続き改良され、(もちろん) オープンソース化されます。 オープンソース化するけれどコミュニティーにはソースコードを提供しないなんてできるでしょうか。

それは独占っぽいですね。

pNFS、NFS、QFS に通じる共通の特徴は、これらが Solaris の一部であること、つまりソースコードへのアクセスがフリーで、オープンであることです。 今後も注目していてくださいね。

JavaOne に参加した方で、StorageTek 5800 SDK 1.0 jumpdrive のコピー (Honeycomb) を入手できなかった方は、ここから今すぐダウンロードください。 最新の Solaris Express Developer Edition (SDXE)

をダウンロードしてください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s