Sun Grid Engine 6.2 – オープンソースができること

大規模な HPC 計算インフラストラクチャーの管理やコンピューティングクラウドのプロビジョニングに問題がある場合、役立つかもしれないツールがあります。産業界や研究機関は、ポリシーに基づくワークロード管理およびアプリケーションワークロードの動的なプロビジョニングという 2 つの大きな問題に直面しています。

現在、Sun Grid Engine 6.2 が、拡張性、パフォーマンス、および管理のしやすさの水準を引き上げています。Sun Grid Engine 6.2 には次の新機能があります。

  • Service Domain Manager による複数のクラスタの使用 – ホストの組み込みの柔軟性の配布

  • 事前予約 – グリッドリソースの事前の要求と予約

  • 拡張性 – 現時点で最大 63,000 のコア CPU、今後はさらに増加予定

  • 大量の並行ジョブのサポート – 数千もの CPU コアを使用

Sun Grid Engine は現在、多くの本稼働環境で、重大な研究、クラッシュシミュレーション、コンピューティングクラウドの管理に使用されています。Sun Grid Engine は、Solaris、Linux、Windows で動作するオープンソースの製品です。

コミュニティーのメンバーが、製品の機能、内容、方向性を左右しています。ぜひコミュニティーにご参加ください。

注目すべきは Sun Grid Engine 6.2 の新しい Service Domain Manager 機能です。ここをクリックすると、柔軟なリソースを管理するデモが見られます。この機能は、network.com やほかのクラウドリソースに使用できます。動的、迅速で、ワークロードに透過的です。ぜひご覧ください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s