「クレジットデフォルトスワップ」を聞いたことがありますか

株式市場に関する数々の議論、意見、提言、課題、そして狂乱はもう十分耳に入っていることでしょう。私はここしばらく、クレジットデフォルトスワップ (CDS) が究極的にはどのような影響を与えるのか、注意して見ていました。現在、約 3 兆ドル (米ドル) に相当する CDS が存在すると噂されています。数字の入力ミスではありません。億単位ではなく兆単位で、規制のかからない契約が買い手と売り手の間で結ばれているのです。プットの CDS 債務は 60 兆ドルにも上ると見積もっている人もいます。基本的に CDS とは、信用手段 (債券など) がデフォルトを起こした場合の保険契約です。政府の規制がかかっていないので、言葉の上では保険とは呼ばれません。規制がないということは、信用手段の報告をしたり記録を残したりする必要がないのです。これは少々怖い話だと思われたかもしれません。

よい例がリーマンブラザーズです。リーマンの債券は最近 0.2 ドル (米ドル) に満たない価格で取引されています。これは、この債券の CDS の売り手が買い手に対して 0.8 ドル支払う義務を負っているということです。こういった支払いが発生すると、CDS を発行した機関に間違いなくマイナスの影響を与えるはずです。CDS のような手段は、背後で複雑な確率計算が行われています。ウォール街で働く優れた頭脳が生み出したのです。もちろん、個人的には手を出したくないものです。明らかにデリバティブ市場は心臓が弱い人向けではありません。記事が示すように、問題は以前から指摘されていたのです。世界中に連鎖的に影響が及ぶことは明白でした。これはアメリカ経済だけの問題だとはとても言い切れないと思います。世界中の市場や投資家は、技術の発展のおかげで隅々まで結びついています。コンピュータでアクセスすれば、ほぼすべての場所でほぼすべての人に投資する機会があります。私が思うに、市場で売り買いをする複雑な自動取引アルゴリズムには、人間の恐怖という変数が考慮されていません。人間の介入がなければ、どのようにコンピュータプログラムが取り付け騒ぎを止められるでしょうか。ただし、国家間レベルでの不満を調整しながらの介入です。お金がどこへ流出し、どこから流入するのか、興味があります。政府が預金を保護しない銀行から、預金を保護する銀行へ流れるのだと予想します。この長期的な影響について考察は終わっているのでしょうか。非常に興味があります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s