OpenSolaris 2008.11 が登場

OpenSolaris_CDimageOpenSolaris の最新リリース (2008.11) が数週間前に公開されました。ブラジルで説明したとおり、入手は簡単で、Virtual Box を使えば始めてみるのも簡単です。最新の機能改善をこのリリースに組み込むために、コミュニティは忙しく活動してきました。GNOME、FireFox、および Thunderbird など FOSS コンポーネントを統合すると同時に、改良も加えてきました。新しいインストーラ、OpenOffice 3.0、ZFS のタイムスライダ、さらに統合パッケージングシステム (IPS) レポジトリといった機能に注目してください。改良点も、統合した機能も、同じソースで提供しています。

2008.11
リリースは、エンタープライズ向けのオペレーティングシステムを実現する SAME
テクノロジを使用して構築されている点に注意してください。スケーラブルな多重処理カーネルから Web 開発者向けの GUI
インタフェースまで、2008.11 は各業界で最高レベルの技術を統合しています。少し時間をかけてパッケージリポジトリを使い、数ある FOSS
アプリケーションから入手可能なものを追加したり削除したりして試してみてください。パッケージレポジトリは成長し続けますが、コミュニティのメンバーは
自分に合ったレベルで寄与する機会があります。

チームに栄光を。そして 2009.04 リリースにご期待ください。2 週間ごとに OpenSolaris.org で公開されるビルドの更新で、コミュニティ活動に参加することも検討してみてください。

すぐにでも

挑戦

して

みて

ください。

Peter Buckingham はすごい速さで進んでいます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s