第 44 代アメリカ合衆国大統領 – Yes We Can

本日、第 44 代アメリカ合衆国大統領が就任しました。
れは私にとって、壁を打ち破ったというだけではなく、新しい世界の始まりです。かつて支配することは不可能だと考えられていた未開拓地に広がる世界です。
世界経済の苦境は、各国に連鎖的に広まっています。皮肉なことに、各国の連携こそが不況の解決策にもなっています。先導しなけばならない国はありますが、
あとに続く国にも大きな努力が求められているのです。どこか 1 つの国が飛び出してすべてを解決するなどと期待してはいけません。「Yes we
can」はどこの誰にも当てはまる言葉で、自分自身はもちろん、自国の現状を変えようとする人にとっての励ましとなります。

歴史が好きな一人として、私は今、フランクリン・ルーズベルト大統領の伝記
読んでいます。大恐慌の中にあってルーズベルトのリーダーシップと励ましは回復のきっかけとなりました。ルーズベルトは個人としてもポリオを克服してお
り、それも勇気を与えました。ルーズベルトも含め、国の指導者には批判が付き物ですが、ルーズベルトは非常に困難な時代に職務に当たりました。私の両親
は、ルーズベルトのニューディール政策と当時の苦闘について、何度も聞かせてくれました。両親は祖父母が大恐慌
苦労していたところを見ていたのです。ある意味、こういった話が私を形作っています。ルーズベルトの声や言葉は彼自身を伝える媒体でした。人はルーズベル
トを、補助器具を身につけたポリオ患者というより、人々を勇気づけて困難を克服したリーダーであると考えているのです。ルーズベルトが就任演説で口にした
恐れなければならないのは、恐れそのものだけである」という有名な言葉は、まったく正しいと思います。

「Yes we can」をすべての人に。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s