混雑、創造性、資本、競争

世界経済の落ち込みにもかかわらず、将来の機会を見据えて積極的に投資をしている企業があります。しかし、一部の人が必要であると主張しても、現時点の支出には反対する意見も出てきます。世界各地の携帯電話会社
ついて見てみましょう。この市場では競争が激しいため、消費者にとってはメリットがあります。利用者に提供されるサービスは多様かつ豊富ですが、これは提
供者にとってはコストがかかります。Nokia、Apple、Samsung、および Blackberry といった企業の電話に奨励金を出すことは、顧客の利用料金を高める結果につながる大きなコストです。

技術の発展により日本以外のほぼ全世界で GSM の電話機が使えるようになったのはすばらしいことです。「日
本では、CDMA または 2,100 MHz 周波数帯を使う第 3 世代標準 UMTS
のいずれかをサポートしている特殊な電話が必要です。Sony Ericsson、Nokia、およびその他いくつかの電話機メーカーが、UMTS
2100 もサポートするマルチバンド GSM 電話機を提供しています。一部のクルーズ船もサービス対象エリアに入っています。」
顧客に通信接続を提供し、自社コンテンツの一部でも供給したいと機会を模索している企業は数多くあります。これは、企業にとって新たなゴールドラッシュのようなものです。

携帯網や固定網を問わず、事業者が世界中の消費者にサービスを提供しようと、競争とイノベーションを続けていることはうれしいことです。固定網を利用するサービスプロバイダが IP 上で固定電話サー
ビスを提供したり、電話会社がインターネット接続サービスを提供したりすることが、ここで行なわれている競争の好例です。サービスを提供するだけ、または
通信網を整備するだけといった時代はすでに遠い過去のものです。プロバイダはデータの提供は行いたいものの、それ以上にそのデータを生成するアプリケーションを開発したいと考えています。電話会社、ケーブルテレビ事業者、および電話機メーカーは、どこもできるだけ多くの利用者獲得を目指しています。そこで競争が生まれるわけです。ここ米国では、Comcast と Verizon が激しい競争を繰り広げ、インターネット、電話、および HD テレビサービスでいっぺんに顧客を獲得しようとしています。その結果、両者とも巨額の設備投資をしています。

実際のところ世
界的な不景気にもかかわらず、将来の経済回復を見越して、世界各地で企業が競争優位を確立するべく設備投資を続けています。この数週間、ニュージーラン
ド、オーストラリア、ドイツといった地域のお客様と話をしたり、フィナンシャルタイムズなどの新聞を読んだりして、データをランダムにいくつか集めてみま
した。このデータは基本的に、自然選択に基づくチャールズ・ダーウィンの理論に集約でき、自然のみならず企業にも適用できます。

  • 世界中の航空会社がボーイング 787 ドリームライナーを 866 機発注しています。787 型機は 1 機の平均金額が最高 2 億ドル (約 195 億円) です。
  • 発注済みまたは建造中の新造貨物船は、予測されている必要数よりも最大 50% 多くなっています。
  • 電話会社は巨額の設備投資をしていますが、それが持続不可能であると各社とも理解しています。
  • エネルギー価格が高騰するため、その輸送に多額の費用がかかるのでしょうか。
  • 複数の国が保護主義に走るため、現地生産がふたたび魅力的になるのでしょうか。

新しい技術によって、こういった問題に加え、私たちが将来直面するであろう新しい経済問題に対処できるようになることを楽しみにしています。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s