道具箱の道具をすべて使う

ビジネス上の課題解決を目指して IT を購入するほとんどのお客様は、結局のところソフトウェアアプリケーションに期待を寄せています。しかしソフトウェアアプリケーションの土台には、交換可能な部品がいくつも論理的に積み重ねられ、そのアプリケーションが動作するようになっています。この部品の例として、オペレーティングシステムハードウェア、および通常は大量のデータが挙げられます。

自動車
IT
ソリューションと同様、仕事をこなすのにいくつもの道具が必要になります。自動車会社と同じように、企業は共通の問題を抱えており、企業向けソリューショ
ンでは道具箱を最大限に活用することが求められます。道具箱は、ある企業の IT 課題を適切に解決するために必要となるのです。

ベンダー間の健全な競争により、アプリケーションソリューションの選択に関する自由度が向上しますが、あるベンダーの道具箱にあるテクノロジが豊富であればあるほど、より質の高い IT ソリューションを構築できる可能性が高まります。これは自動車製造を業務にしている企業にも該当します。ビジネスの視点から見ると、うまく使うにはテクノロジが結合可能でStack.svg相補的な形に分割されていることが非常に重要になります。たとえば Ford は自動車、トラック、それにハイブリッド車を製造しています。Ford はトラックのエンジンを Ford Focus に搭載したり、その逆をしたりといったことはしませんが、この理由は明らかでしょう。同じことがテクノロジにも言えます。「1 つのソリューションがすべてに適用可能」という方法で成功した例は、どの市場にもありません。

ベンチャーキャピタル上場企業は、ある市場のすべての状況を 1 つのテクノロジで対処するというこの目標を追い続けてきました。しかし、企業のポートフォリオに複数のテクノロジを組み合わせて使用し、ビジネスと販売の焦点を適切に設定することで、すばらしい結果が得られることがあります。

次にソフトウェアテクノロジの例をいくつか挙げます。

こういった道具の入った道具箱をパートナーのテクノロジと組み合わせることで、最高のソフトウェアアプリケーションソリューションが生まれます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s