ガンマ線バースト (GRB) = 起こり得る悪夢

movie_112008 年と 2009 年に進行した世界的な不況
だれにとっても頭の痛い問題でした。この状況を引き起こしたのは人間であり、解決策も人間が考えなければなりません。大部分の人は、現在判明している中で
唯一居住可能な惑星であるこの地球上で発生する日々の課題にのみ注目していますが、地球外の問題について考えている人たちもいます。社会、個人、政府、経
済、人道、ビジネス、気候といった問題から離れ、宇宙に関する未解決の問題について考えてみましょう。

天体物理学者は、現在知られている宇宙で発生する問題について考えています。「現在知られている」と言ったのは、何がまだ分かっていないのかが十分に明らかになっていないからです。特に地球だけで考えた場合、無意味に思われる疑問もあります。

1
つの星の寿命が終わるまでその星のエネルギーを利用することを想像してみてください。現在知られている宇宙にいくつの星がありますか。数十億の数十億倍で
す。まず 1
つの銀河の中に星はあるでしょうか。これは数十億です。次に、現在知られている宇宙にいくつの銀河がありますか。こちらも数十億です。これはものすごい量
のエネルギーになります。実際はたった 1
つの星のエネルギーでも膨大です。現在宇宙について分かっていることを理解しようとすると、普通の人は頭痛がするかもしれません。あらゆる天体物理学者
は、分かっていないことを明らかにしようとしたり、現在知られている宇宙について理解を深めようとしたりして、毎日苦心しているのです。

エネルギーに関連して言うと、8,000 光年離れた場所に連星 (WR104。上のビデオ クリップを参照) があり、星の核が崩壊すると最終的には超新星になります。もし偶然が重なると、ガンマ線バーストが起こります。これは宇宙で明るい光と電磁波を発生させる原因であることが分かっています。また、回転する星の両極から放射されるガンマ線バーストのうちの 1 つが直接地球に向かってくる可能性もあります。

拡大している宇宙の中で 8,000 光年離れた巨大な 2 つの物体と、12 度というガンマ線の角度がぴったり一直線上に入る可能性はありますが、すぐに取り組んだほうがいいのは地球温暖化といったような問題ではないかと思えます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s